電力自由化でも太陽光発電の副業は稼げると思う!

太陽光発電事業は、リスクの少ない事業であることや、環境事業の発展が見込める現代において将来性のある分野である、高齢者の多い田舎の地方都市でも高収入が得られるということなどから、高い注目を受けた仕事です。

 

一方で、2012年の太陽光発電の全量買い取り制度が始まってから、たくさんの企業やシニアのサラリーマンなどが、本格的な事業として、また副業としてこの仕事を始めたため、集中的に太陽光発電に適した土地探しが全国的に行われ売買がなされました。

 

太陽光発電の副業は2016年以降も稼ぎ続けられるのか?

 

また、相当数の売電契約が殺到したため、一時的に電力会社が申し込みをストップしたり、売電価格の引き下げが決まったりしていて、この仕事で稼ぐ旨味がなくなってしまったと考える人もいます。

 

さらに、この流れから、今後また売電価格の引き下げが行われ、設備投資の資金の方が収入を上回るという事態になるという懸念を持つ人もいます。

 

計画を立てて設備投資をすれば高収入が得られます

 

しかし、しっかりと計画を立て、適切な設備投資をすれば、まだ太陽光発電を副業としても十分稼ぐことができますので、その参入を検討するのも良いでしょう。それにはいくつかの理由がありますが、やはり確実性、安定性があるというのがこの仕事の最大のメリットと言えるでしょう。

 

売電価格は確かにピーク時よりも下がってしまいましたが、その価格は10年間、場合によっては20年間固定されますので、これから価格が下がってしまうというリスクを抱えることはありません。

 

 

また、ソーラーパネルの性能はかなり安定していて、メンテナンスなどにかかる費用もかなり低額ですし、どの程度の発電量を維持できるかというのは、メーカーによって保証されていますので、確実に収入についての予測を立てられるというメリットもあります。

 

 

太陽光発電の副業は2016年以降も稼ぎ続けられるのか?
太陽光発電の効率性は、どれだけの日射量があるかということに大きく依存していますが、十分に土地の調査を事前に行えば、しっかりとしたデータを得ることができます。

 

もちろん、月や年によって天候による日射量の変化はありますが、数年のスパンで考えると平均的な日射量に近づきますので、安定して発電量を確保できるというのも特徴となっています。

 

このように、しっかりとリサーチを行って設備投資を行えば、まだ副業で安定して稼げるのが太陽光発電の良いところだと言えるでしょう。



太陽光発電,稼げるのか?儲かるのか?

関連ページ

太陽光発電副業は収入が安定していて稼ぎやすい
売電が流行っている今太陽光発電の副業にまた注目が集まっています。ソーラーパネルの値段もさがってきたし、土地のレンタルでコストダウンをすれば高収入で安定します。男性でも稼げる副業の決定版でしょう!
初心者素人が太陽光発電で稼ぐコツ
太陽光発電で初心者が失敗しないためのコツをお話しします。大切なのは場所選び!素人でもここだけは手抜きをしてはいけませんよ?