LINEスタンプを売るための工夫

ラインスタンプが売れるための工夫の仕方まとめ

ラインスタンプで収入を得るという仕事は、人気がある副業となっています。というのも、素人であっても簡単にスタンプを作って販売することができて、人気が出れば高収入を得ることも夢ではないという現実があるからです。

 

また、利益率が高いのも特徴で、販売価格のおよそ50パーセントを利益として得ることができます。100円のスタンプを販売すれば、50円の儲けが出るわけですから、収入を得るのが簡単なのです。

 

それでも、ユーザーから注目されてダウンロードされなければ、収入を得ることはできません。それで、売れるための条件を見極めて、デザインに活かす必要があります。

 

 

LINEスタンプが売れるための条件とは?

 

いくつかの条件がありますが、まずはスタンダードなスタンプではなく、特徴のあるメッセージを作ることです。あいさつや、「ありがとう」、「いいね」などのコメントのものは、

 

すでにかなりの数が出回っていますので、競争率が激しくとても多くのダウンロードを見込むことはできません。インパクトのあるメッセージを持つスタンプを作りましょう。

 

ラインスタンプで売るためにはライバルチェックが欠かせない

 

また、人気スタンプをしっかりとリサーチすることも売れるために欠かせない条件です。動物系のかわいらしいスタンプなど、きちんと売れ筋を調べると、ある程度の売れるスタンプの法則があることが分かります。

 

 

 

LINEスタンプが売れるための条件とは?
そのジャンルに絞ってラインスタンプを作ってアップすることで、より注目される確率を高めることができます。

 

さらに、実際によく売れているラインスタンプを自分でもダウンロードして、どこに人気の秘密があるかを調べてみるのも良いでしょう。そして、そのエッセンスを真似して作ることで、確実性を高めることができます。

 

ラインスタンプを副業とすることの魅力は、特にデザインのプロでなくても売れることがあるという点です。

 

絵がお世辞にも上手とは言えない人でも、インパクトのあるスタンプを作ることによって、意外なヒットとなりプロデザイナーが作ったものより良い売り上げを出すのは珍しくありません。

 

また、一度人気に火が付くと爆発的な勢いで収入が上がるというのも魅力です。

 

もし、人気スタンプを出すことができれば、本業を上回るほどの収入を上げられるようになりますので、チャレンジしてみる価値が十分にあるでしょう。



LINEスタンプ,売るコツ,売れる工夫
トップへ戻る