男性が稼げる珍しい副業まとめ

在宅コーディネーターの副業はマイナーだけど儲かる仕事

本業・副業を問わず、在宅ワークをしている男性も珍しい存在ではなくなりました。

 

その理由の一つは、パソコンやインターネット回線の利用率が高くなり、誰でも気軽に仕事の発注・受注をできるWEBサービスが現れるようになったことが一因と言えるでしょう。

 

特に文筆やイラストといったクリエイティブな仕事については、様々なスキルを持った人々がそれぞれの得意分野を活かして働いている状況です。

 

中には、少し変わった仕事を請負っている人もいます。その一つは、語学講師などを筆頭とした「先生」としての仕事です。

 

今は安定性の高い電話アプリなどが無料で沢山利用できるようになりましたので、世界中のどことでも繋がることが可能になりました。

 

日本人に英会話を教える、あるいは外国人に日本語を教える、更にはもっとニッチな言語や、数学などの勉強を教える人も珍しくありません。

 

 

男性なら在宅コーディネーターの副業で稼いでみては?

 

これまでは教員、あるいは塾・予備校などの講師にならなければ難しかった「先生」という仕事ですが、個人が一時間単位で指導することができる時代になったことから、今後はもっと人数が増えていくと予想されます。

 

もう一つは、「コーディネーター」というジャンルで働く男性の在宅ワークがあります。

 

「カラーコーディネーター」や「インテリアコーディネーター」などは、誰しも一度は耳にしたことのある職業と言われるでしょうが、「住宅建築コーディネーター」や「医療コーディネーター」、「ロケーションコーディネーター」など、他にも沢山のコーディネーターは存在します。

 

「住宅建築コーディネーター」は家を建築するために必要な資金やローン、その返済プランなど金銭の問題と、家そのものの土地選びや施工などの建築の問題、両方についてアドバイスをする存在です。

 

ロケーションコーディネーターは、テレビなどの取材(ロケ)を行うに当たって、撮影地の候補をあげ、更に撮影において必要な手続きやスタッフの手配、調整などを全般に渡って行います。

 

 

男性なら在宅コーディネーターの副業で稼いでみては?

 

それぞれの仕事の特徴は異なりますが、法律、医学、経済などに精通している人がその現場に求められる人材ですので、第一線での現場経験がある、あるいは資格や技術を持っている男性が、その実力を活かして働きやすい現場と言えます。

 

在宅ワークという言葉から、どうしても「女性が家で行う仕事」や「家事をする人が片手間にやる仕事」というイメージを持ちがちです。正しくは「個人で多額の収益をあげるのが難しい仕事」であると言えます。

 

つまり、お小遣い稼ぎ程度ならばまだしも、きちんとした形で収益を上げるためには、本人が自立心を持ち、仕事を請負うための人脈作りや技術力の向上などの努力が欠かせない、といった素養が求められる、大変厳しい現場なのです。

 

一方、先にあげたような変わった仕事の場合、実績を一つ一つ積み重ねることによって口コミなどで仕事を得やすくなる環境にあるので、もしも在宅ワークを目指すのであれば、そのようなニッチな産業を志すと良いでしょう。



コーディネーター,副業,バイト
トップへ戻る