素人初心者が太陽光発電で稼ぐためのテクニック

土地選びですべて決まる!太陽光発電で稼ぐためのコツと秘訣!

素人初心者が太陽光発電で儲けるコツはいくつかありますが、まずは良い土地探しをすることが何よりも重要です。

 

日射量があり、効率よく稼げる場所を見つけることで、成功が決まったようなものになるからです。

 

太陽光発電に適した土地としては、まず周りの建物などに日差しが邪魔されず、常に太陽光が当たるところ、気候が優れていて晴天率の高い地域にあることなどが挙げられます。これらの要素は、発電量を安定させ常に高い割合での売電を維持するために欠かせません。

 

そしてもう一つは、権利関係のしっかりとした土地を見つけるということです。公的な制度によって家庭用で10年間、産業用で20年間の買い取り価格固定が定められていますので、どの土地でもこの権利は一緒なのですが、中には売電価格が高く設定できる土地があります。

 

 

初心者素人が太陽光発電で稼ぐコツ

 

というのも、当初はかなり高い価格で設定されていた売電価格ですが、多数の設置業者が現れ、電力会社の利益を圧迫する恐れが出てきたため、その後売電価格が下げられてしまったという経緯があります。現在新たに申請をしても、この低い価格でしか電力を売れませんが、中には価格が下げられる前に申請を済ませている土地があるのです。

 

権利付きの土地を手に入れればかなり高収入を見込めます!

この権利を持つ土地は全国に存在していますが、ソーラーパネルを設置する資金が足りなくなったなどの理由で、実際に使用されていないケースがあります。

 

 

その土地を丹念に探すことで、より高い価格で売電ができるというメリットがあります。もちろん、他の土地より高い価格での不動産売却、もしくはレンタルとなってしまいますが、長期的に見ると効率よく設けることができる場所であると言えるでしょう。

 

初心者素人が太陽光発電で稼ぐコツ

 

また、ある程度大きな規模で太陽光発電に取り組むというのも、設けるためのコツと言えるでしょう。もちろん、家庭用の小さなソーラーパネルを使って狭い土地で行うのも、ある程度の収益を得ることができますが、どうしても利益率が下がってしまいます。

 

それで、電気取扱主任技術者の設置義務がない程度の規模で、できるだけ大きく太陽光発電をすると良いでしょう。一つの土地で大きく発電をすることで、土地レンタル代と発電量のバランスを有利にできますし、設備投資にかかる負担も減らせます。



太陽光発電,副業,素人,初心者
トップへ戻る